『ラスト・アクション・ヒーロー』主題歌|AC/DC『Big Gun』

Big Gun
AC/DC

威風堂々…!『Big Gun』シングル盤アートワーク

『Big Gun』は、AC/DCが『ラスト・アクション・ヒーロー』の主題歌として、名匠リック・ルービンをプロデューサーに迎えて制作したシングル曲。冒頭からインパクト抜群のリフが冴えまくり、紛れもないAC/DCのロックンロールサウンドを炸裂させている。

映画の主演俳優兼エグゼクティブ・プロデューサーであり、AC/DCのファンであるアーノルド・シュワルツェネッガーが、バンドに直接主題歌用の楽曲提供を依頼した。この曲がリリースされた当時といえば、グランジ・オルタナティヴブームが広まっていた頃。それでもAC/DCはバンドのスタイルを貫いて見事全米メインストリーム・ロック・チャートNo.1を獲得し、大物バンドの変わらぬ人気を見せつけた。

多くのAC/DCの映像作品を手がけているデイヴィッド・マレットが『Big Gun』でもミュージックビデオの監督を担当。シュワルツェネッガー扮するジャック・スレイターがアンガス・ヤングと同じスクールボーイの衣装に変身してパフォーマンスを繰り広げる楽しいミュージックビデオに仕上がっている。

『Big Gun』ミュージックビデオ

アーノルド・シュワルツェネッガーは、前作『ターミネーター2』と同様に、主題歌のミュージックビデオに出演。シュワルツェネッガー扮するジャック・スレイターがアンガス・ヤングと同じスクールボーイの衣装に変身してパフォーマンスを繰り広げる楽しいミュージックビデオに仕上がっている。

『Big Gun』の音源は『ラスト・アクション・ヒーロー』のサントラ盤以外では、レア音源満載の豪華ボックス・セット『Backtracks』(バックトラックス ライト兄弟は空を飛び、ヤング兄弟はリフを刻む)にも収録されている。

このボックス・セットには『Big Gun』のミュージックビデオも収録されており、AC/DCファンには涙もののマストアイテムになっている。


Big Gun
AC/DC(Amazon Music)